IGZO技術

LCDディスプレイやOLEDディスプレイの有力技術にIGZOがある。

酸化物半導体によりTFTをこさえると移動度が従来のa-Siよりも優れていて、p-Siみたいにレーザを当てて作るわけではないので縞模様の品質ムラができないのだそう。

この技術は有機ELに向いているのか、すごいな、とか思っていたら、液晶に使うと、リフレッシュの間隔を広げることができて省電力化にとても有効なのだそう!無理して有機EL使わなくてもいいじゃん。

a-Siのと同じ設備で作れるのだそうから各社移行していくもんかなとおもいきや、なかなかうまくいっていないみたいです。国内ではシャープと半導体エネルギー研究所という神奈川県の企業がそれぞれ開発をしているようです。

http://www.sharp.co.jp/corporate/report/igzo/index.html

http://www.sel.co.jp/technology/os_display.html

韓国や台湾勢はあまり技術の進捗を聞かないな。

いいデバイスが市場に出ても供給元が限られていては値段は安くならないので各社頑張ってほしいものです。